視覚のアメリカン・ルネサンス

個数:

視覚のアメリカン・ルネサンス

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 272,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784790711605
  • NDC分類 930.29
  • Cコード C3098

内容説明

イギリスをはじめ広くヨーロッパの伝統をふまえながら、ポーからウォートンに至るアメリカン・ルネサンス期ならびにその前後の時代の作家たちと、建築・絵画・紋章・演劇など広義の視覚芸術との関係をさぐる。

目次

第1部 ヨーロッパ・ルネサンスの伝統とアメリカ文学(小さな赤い手―「あざ」の図像学;挿絵は誰に何を見せるか―ホーソーン『おじいさんの椅子の全歴史』の場合;リチャード三世の身体とアメリカン・ルネサンス)
第2部 アメリカン・ルネサンスの時代(超絶時代のフィルム・ノワール―エミリー・ディキンスンの形見函;ポーと新たなサブライムの意匠―ナイアガラ・スペクタクルから暗黒の海へ;エマソン的「視」の問題―『自然』(一八三六年)再読
ホーソーンとコール―モラル・ピクチャレスクな風景
ことばの画家ホーソーン―視覚芸術との出会いと展開
メルヴィルの美学と変遷)
第3部 ポスト・アメリカン・ルネサンスの時代(劇作家ヘンリー・ジェイムズ;視覚文化のモダニズム―ヘンリー・ジェイムズにみる写真と言語テクストの邂逅;マーク・トウェインの旅行記と絵画―『赤毛布外遊記』におけるヨーロッパと「オリエント」;月夜と黄昏のコロセウム―ポーからウォートンまで)

著者等紹介

武藤脩二[ムトウシュウジ]
1936年生まれ。東京外国語大学英米科卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。中央大学文学部教授

入子文子[イリコフミコ]
1942年生まれ。お茶の水女子大学英文科卒業。甲南大学大学院文学研究科修士課程修了。博士(人文学:お茶の水女子大学)。関西大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。