現代短歌文庫<br> 田谷鋭歌集

個数:

現代短歌文庫
田谷鋭歌集

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 160p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784790410652

目次

『水晶の座』(抄)(黒き錯綜;波;生きの日)
歌論・エッセイ(柊二作品をめぐって;いのちの声―筏井嘉一論として;短歌、道案内 ほか)
歌人論(ひとすじのみち―私の内なる田谷鋭;修羅を秘めた作品;「田谷鋭」ノート―哀しみの代価)

著者等紹介

田谷鋭[タヤエイ]
大正6年12月15日、千葉県生まれ。昭和9年、北原白秋が顧問の「香蘭」入会。翌年、白秋創刊の「多磨」に移る。14年4月、応召、習志野陸軍病院に衛生兵として勤務。17年1月、召集解除、国鉄に復帰。28年3月、宮柊二の「コスモス」創刊に参加。59年、紫綬褒章受章。歌集に『乳鏡』(昭32、第2回現代歌人協会賞)、『波涛遠望集』(昭48)、『水晶の座』(昭48、第8回釈迢空賞、第1回日本歌人クラブ賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。