「走る」ための食べ方―マラソン快走のための実践栄養学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784788910614
  • NDC分類 782.3
  • Cコード C0075

出版社内容情報

フルマラソン完走、記録アップをめざすランナーに必要な「食べるトレーニング法」を、豊富な情報量とわかりやすい解説で指導する書。

内容説明

賢く食べれば完走できる。記録も伸びる。“走る管理栄養士”が明かす目からウロコのメソッド。

目次

01 ランナーのための栄養学入門(マラソンの記録アップのカギは栄養だ!;食事が変わると走りが変わる!? ほか)
02 走力アップのための栄養と食事(脚力・スタミナ強化で走力アップ;脚力アップのための栄養 ほか)
03 フルマラソン快走に向けたレース期の栄養戦略(フルマラソンを走るエネルギー源;走るエネルギーはどこにある!? ほか)
04 目的別の栄養アドバイス(ランナーの大敵、「貧血」を予防する;故障に強い丈夫なカラダづくり ほか)

著者等紹介

村野あずさ[ムラノアズサ]
株式会社明治ザバススポーツ&ニュートリション・ラボにて管理栄養士として活動している。陸上競技、プロ野球、プロサッカー、プロボクシング、トライアスロン、ビーチバレーなど、多数の競技のトップアスリートの栄養サポートを担当。また、競技スポーツからスポーツ愛好者、指導者や保護者へのセミナーや執筆活動などを通じて、幅広い層へのスポーツ栄養の普及活動に努めている。自身も学生時代より中・長距離選手として活躍し、実業団選手としての競技経験を持つ。市民ランナーへの栄養情報の普及にも力を入れている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

B-Beat

15
◎マラソンを走るためには普段の食生活もさることながらレース前日そして当日をどのように食べるかが大事。フルマラソンを3回走り、そして今季のレース本番が迫る中、試行錯誤は続く。2016/09/19

ブルーベリー

10
これいい!これ、いい!!(笑)あと1週間後に迫ったフルマラソンに向けて、藁をもつかむ気持ちで読み始める。読んだからと言って、練習不足が改善される訳ではないのだが、気持ちは「時間内に完走できる!」と前向きになれた。それにしても、ふくらはぎのハリが気になるなあ。整体の先生に相談しよう!2013/12/05

やてつ

10
著者は栄養学を学んだ元競技者。類似の本に比較し、絵や写真が使われてて解りやすい。ランナーのバイブルとして身近に置いておいていい一冊。ただランニング習慣が定着している上級者やアスリート向けの内容になってる印象。本に書いてあるメニューで食事すると自分の場合は肥りそうです(笑)2013/03/13

ichi

9
【図書館本】専門的すぎてあまり頭に入らず。また機会があったら再読しよう。2019/10/22

lovetea3

5
⭐️⭐️⭐️⭐️ランニングあと30分以内に糖質、ビタミン、アミノ酸を摂ると筋肉にいいということで実践しています。なかなかいいです。食べなければ体重は落ちますがしっかりと筋肉をつけたいのでこの本は役に立ちました。2015/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5788358

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。