カンパネッラの企て―神が孵化するとき

個数:

カンパネッラの企て―神が孵化するとき

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年05月06日 13時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 288p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788517042
  • NDC分類 132.5
  • Cコード C1010

内容説明

カンパネッラとはだれか。科学革命の前夜・自然魔術期、ガリレイとも親交があったカンパネッラの、時代の転換期に生きた波乱に充ちた人生の学的記録。自然のなかに命(霊魂)を求めた「有機的世界観」を我が身に引き受けたがゆえの、異端的危うさが漂うカトリック僧の悲劇。

目次

第1章 カンパネッラ入門
第2章 “蜂起”の真相―預言と逮捕
第3章 人間と世界の全体性を重んじて―『太陽の都市』
第4章 「神慮」へのこだわり―『ガリレオの弁明』
第5章 汎感覚論者
第6章 人倫と“生命”の謳歌―『哲学詩集』
第7章 出獄から死まで
付論 研究小史―『哲学詩集』を中心に

著者等紹介

澤井繁男[サワイシゲオ]
1954年札幌市生まれ。道立札幌南高校から東京外国語大学伊語科を経て、京都大学大学院文学研究科伊語伊文学科博士課程修了。東京外国語大学論文博士(学術、1999)、元関西大学文学部教授。イタリアルネサンス文学・文化論専攻。訳書:カンパネッラ著『哲学詩集』(水声社、2020、日本翻訳家協会主催・翻訳特別賞受賞)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。