関西学院大学研究叢書<br> エドガー・アラン・ポー―極限の体験、リアルとの出会い

個数:

関西学院大学研究叢書
エドガー・アラン・ポー―極限の体験、リアルとの出会い

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年06月01日 02時46分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 328p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788516694
  • NDC分類 930.28
  • Cコード C1090

内容説明

境界を超えて“リアル”に触れる。ポーの描く恐怖はなぜ今なおわれわれに響くのか、その本質はどこにあるのか。分身物語、庭園幻想、宇宙論などをとおして、その核心に迫る。

目次

第1部 自己と分身(分身と死―「ウィリアム・ウィルソン」と「群集の人」;都市の欲望―「群集の人」と探偵小説の誕生)
第2部 破滅へと誘う力(黒猫の棲む領界;生を破壊する力―「告げ口心臓」における不安のありか;フィードラーの“暗黒の力”再考―ポーと悪の問題)
第3部 生のなかの死、死のなかの生(妖精のカヌー、地の精の城―ポーの幻想の風景;ポーにおける“生きられる時間”;死なない身体の喜劇―ポーにおける笑いと不気味なもの)
第4部 宇宙へ向かう想像力(『ユリイカ』における限界の思考―科学の言説と詩の言語;空飛ぶ時代の墜落の夢想―「ハンス・プファールの無類の冒険」)
第5部 無気味と死をめぐる文化表象(ポーと映画;疫病のナラティヴ―ポー、ホーソーン、メルヴィル)

著者等紹介

西山けい子[ニシヤマケイコ]
1959年生まれ。奈良女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程単位取得退学。専門はアメリカ文学。龍谷大学教授を経て、2013年より関西学院大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。