感染症と法の社会史―病がつくる社会

個数:

感染症と法の社会史―病がつくる社会

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月25日 23時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 386p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788515895
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C1030

出版社内容情報



西迫 大祐[ニシサコ ダイスケ]
著・文・その他

内容説明

大都市の出現とともに患染症への不安が生まれた。ペストやコレラの大流行をきっかけに、都市の健康をまもる公衆衛生「法」が生まれた。それはまた、確率・統計の手法などを介した統治へのまなざしの誕生でもあった。18世紀から19世紀のパリを中心に、病と法と都市の密接な関係を鮮やかに解明した、気鋭の力作。

目次

ミアズマと感染―感染症と予防の近代前史
第1部 十八世紀における感染症と法(マルセイユのペスト―ヨーロッパ最後のペスト流行とポリス;悪臭と密集―十八世紀における都市と感染について;腐敗と衛生―ルソーとカバニス;生命の確率―予防接種の問題について)
第2部 十九世紀における感染症と法(感染症の衛生的統治―一八三二年のコレラ;手本の感染―公衆衛生と精神感染;一八四九年のコレラと法;人口と連帯―一九〇二年の公衆衛生法)

著者等紹介

西迫大祐[ニシサコダイスケ]
1980年、東京生まれ。明治大学大学院法学研究科博士後期課程修了。博士(法学)。現在、明治大学法学部助教。専門は法哲学、法社会学、フランス現代思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

翔亀

36
2018年刊行。18世紀から19世紀のパリを中心にした感染症の歴史。博士論文を基にした労作だ。コロナが無かったら注目されることもなかっただろう地味な論文だが、パリの感染症の実態と、隔離やロックダウンといった公衆衛生という権力行政がどのような考えでどのような議論を経て法として確立されたかを詳細緻密に跡付けた本書は、今だからこそ読む価値があると思う。これは感染症の社会史であるとともに、感染症に関する思想史であり、感染症対策の都市政治史である(書名から連想される法哲学ではなく歴史書と考えてよい)。あの世界の↓2020/09/23

やなぎ

1
感染症と人。 「歴史は繰り返す」という言葉を使うことが躊躇われるほど、もっと鮮明で、切実なものをこの本は伝える。 何かが始まっていくときの、それが始まりだとも気付かない感じ、掴めなさを描ききっている。 COVID-19が拡大し始めた頃、それがこれ程の危機であると分かっていた人はどれほどいただろうか? 歴史を学ぶことで、まだ始まりかけたばかりの危機を捉え、対処することができる(かもしれない)。そう改めて気づかされた一冊。 一点不満なのは題名。もっと堅くない方が良い2021/05/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13134481

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。