男女平等は進化したか―男女共同参画基本計画の策定、施策の監視から

個数:

男女平等は進化したか―男女共同参画基本計画の策定、施策の監視から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年08月22日 04時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 342p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788515284
  • NDC分類 367.21
  • Cコード C1036

内容説明

長時間労働をやめて家庭生活との両立へ。「男は仕事、女は家庭」の固定観念を脱して、人権尊重の理念に深く根ざした真の男女平等の達成をめざす。

目次

第1章 男女共同参画社会形成に向けての歩み
第2章 男女平等進化の過程―男女共同参画基本計画から読み解く
第3章 男女共同参画施策の監視と男女共同参画会議が果たす役割
第4章 男女共同参画会議で総理はどう発言してきたか
第5章 この国に男女共同参画は根づくのか
終章 ゴールは男女共同参画社会の形成

著者紹介

鹿嶋敬[カシマタカシ]
1945年生。千葉大学文理学部卒業。日本経済新聞社編集局生活家庭部長、編集局次長兼文化部長、編集委員、論説委員等を経て、2005年実践女子大学人間社会学部教授、2015年同大学退職。同年から一般財団法人女性労働協会会長兼専務理事。2005年9月から2017年3月まで政府の諮問機関、男女共同参画会議議員。第四次男女共同参画基本計画・計画策定専門調査会会長、国の男女共同参画行政を監視する監視専門調査会会長等も務めた。専門分野:女性労働、男女共同参画(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)