心理療法の交差点〈2〉短期力動療法・ユング派心理療法・スキーマ療法・ブリーフセラピー

個数:

心理療法の交差点〈2〉短期力動療法・ユング派心理療法・スキーマ療法・ブリーフセラピー

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 309p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788514898
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

出版社内容情報



心理療法の交差点2 目次

まえがき



第?部 本書に登場する心理療法

 第一章 短期力動療法とは



 第二章 ユング派心理療法とは



 第三章 スキーマ療法とは



 第四章 ブリーフセラピーとは



第?部 事例の検討

 事例1 自傷行為を繰り返す高校生のA子さん

  ●事例の概要

  ●事例1の見立てと介入―短期力動療法

  ●事例1の見立てと介入―ユング派心理療法

  ●事例1の見立てと介入―スキーマ療法

  ●事例1の見立てと介入―ブリーフセラピー

  ●事例1をめぐって



 事例2 夫との熟年離婚を考える妻B子さん

  ●事例の概要

  ●事例2の見立てと介入―短期力動療法

  ●事例2の見立てと介入―ユング派心理療法

  ●事例2の見立てと介入―スキーマ療法

  ●事例2の見立てと介入―ブリーフセラピー

  ●事例2をめぐって



 事例3 神経症的な症状とPTSDの問題を抱えるCさん

  ●事例の概要

  ●事例3の見立てと介入―短期力動療法

  ●事例3の見立てと介入―ユング派心理療法

  ●事例3の見立てと介入―スキーマ療法

  ●事例3の見立てと介入―ブリーフセラピー

  ●事例3をめぐって



第?部 心理療法の交差点

  ●座談会



あとがき



■装幀=桂川 潤

岡 昌之[オカ マサユキ]

伊藤 絵美[イトウ エミ]

若島 孔文[ワカシマ コウブン]

生田 倫子[イクタ リンコ]

妙木 浩之[ミョウキ ヒロユキ]

内容説明

心理療法はなぜ多様に存在するのか?事例の見立てと介入方針をめぐる、“第2世代”の心理療法を交えた議論から、各アプローチの異同の核心へとさらに迫る。

目次

第1部 本書に登場する心理療法(短期力動療法とは;ユング派心理療法とは;スキーマ療法とは;ブリーフセラピーとは)
第2部 事例の検討(自傷行為を繰り返す高校生のA子さん;夫との熟年離婚を考える妻B子さん;神経症的な症状とPTSDの問題を抱えるCさん)
第3部 心理療法の交差点(座談会)

著者等紹介

岡昌之[オカマサユキ]
東京都立大学・首都大学東京名誉教授。東京大学大学院人文科学研究科心理学専攻修士課程修了。日本心理臨床学会常任理事、日本学生相談学会常任理事等を歴任。現在、日本遊戯療法学会常任理事

生田倫子[イクタミチコ]
神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部准教授。東北大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。日本家族心理学会常任理事、日本ブリーフセラピー協会理事長

妙木浩之[ミョウキヒロユキ]
東京国際大学人間社会学部教授。上智大学大学院文学研究科博士課程満期退学。国際精神分析協会準会員、日本精神分析学会会員

田中康裕[タナカヤスヒロ]
京都大学大学院教育学研究科准教授。上智大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。ユング派分析家。日本箱庭療法学会常務理事・日本ユング心理学会理事

伊藤絵美[イトウエミ]
洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長。慶應義塾大学大学院社会学研究科社会学専攻博士課程満期退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たらこ

3
若島先生のところと対談をさっと読む。誰とどう会うか。どういう関係性で会うか。何を扱うか、という戦略。2016/10/21

D

2
各療法によって言ってることが違っておもろい ハンターハンターに例えると 短期力動療法→クラピカ ユング派心理療法→クロロ スキーマ療法→レイザー ブリーフセラピー→ヒソカ 漫画とラノベにたとえると 短期力動療法→デスノート ユング派心理療法→20世紀少年 スキーマ療法→鋼の錬金術師 ブリーフセラピー→デュラララって感じ2016/11/07

餃子

1
頻度や期間など枠について、ゴールについて、何が正解とかはないと思うけど、自分はこれ!という考え方を持たないといけないと思った。2017/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11153580

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。