米軍基地文化

個数:

米軍基地文化

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月22日 00時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 277,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788513723
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C1036

内容説明

暴力装置としての本質論を離れて、文化とメディアのまなざしから初めてとらえた米軍基地の相貌。怒涛のごとく進行したアメリカナイゼーションの陰で、文芸・音楽などのポピュラーカルチャーのミクロな生成と浸透、基地を資源に読み替えるローカルな実践、日米のはざまで翻弄されつづける沖縄(辺野古)の経験が堆積してきた。クロニクル風叙述を通して、日・米・沖縄のねじれた関係性が生んだ基地文化の奔流と変容に迫る。

目次

序章 基地文化という視座
第1章 偏在する基地/遍在するアメリカ
第2章 米軍キャンプ・アメリカ・歌謡曲―戦後ポピュラー音楽のひとつの系譜
第3章 ロックンロールの場所―米軍基地から地元へ
第4章 米軍駐留がフィリピンにもたらしたジャズ―越境する親米感覚の生成と変容
第5章 地域社会における米軍基地の文化的な意味―「基地の街」福生・横須賀の変遷
第6章 沖縄の本土復帰運動と戦争体験論の変容
第7章 「アメ女」のセクシュアリティ―沖縄米軍基地問題と資源としての「女性」性問題の所在‐コンタクト・ゾーンとしての沖縄
第8章 米軍基地を受け入れる論理―キャンプ・シュワブと辺野古社会の変貌

著者等紹介

難波功士[ナンバコウジ]
東京大学大学院社会学研究科修士課程修了、博士(社会学)関西学院大学。現在、関西学院大学社会学部教授。専攻はメディア史・広告論・文化社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。