“盗作”の文学史―市場・メディア・著作権

個数:

“盗作”の文学史―市場・メディア・著作権

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月27日 01時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 492p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788511095
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C1090

内容説明

つくづく人間(作家)は面白い。盗作、パクリ、剽窃、無断引用、著作権侵害、作家のモラル…をめぐって繰り広げられたドタバタ(悲喜劇)を博捜し、事件としてでっち上げられる過程を冷静に考察した“盗作大全”。すべての作家、作家志望者、文学愛好家必読必携の書。

目次

序章 盗作前史―偽版・代作・著作権
第1章 メディアの事件としての盗作疑惑
第2章 新人賞と盗作事件
第3章 オリジナルという“データ”
第4章 素材と創作のあいだ
第5章 作品の自立と模倣の可能性
第6章 異メディア間における盗作疑惑
第7章 インターネットという新しい告発装置
第8章 その他の事件

著者等紹介

栗原裕一郎[クリハラユウイチロウ]
1965年神奈川県生まれ。東京大学理科1類除籍。都立日比谷高校中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。