マックス・ウェーバーと妻マリアンネ―結婚生活の光と影

個数:

マックス・ウェーバーと妻マリアンネ―結婚生活の光と影

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年04月22日 23時25分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 322p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788510784
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C1030

内容説明

母ヘレーネ、妻マリアンネ、愛人エルゼ、ミーナ…多彩な「友愛」関係の絵模様をとおして、二人の生活を生き生きと描出し、これまでのウェーバー像とマリアンネ理解に変更と再評価を迫る。

目次

第1章 「私は婚約したつもりでいるんですが」
第2章 「哀れな子よ、今日がどんな日か知っているのか、お前の父親は処刑されるのだぞ」
第3章 「ぼくたちはお互い自由で対等なんだからね」
第4章 「君たちはみんな、職業人だけがまともだと思っているのだ」
第5章 「豚でさえそれには怖気をふるうだろうよ」―性倫理の原則的問題
第6章 「友情(兄弟愛)―遥かな国」
第7章 「…自分の国を追われた王様」
第8章 「いざさらにイタカへと船をやれ―汝の老いへ、汝の死へと」
第9章 「それでもやはり―戦争は偉大ですばらしい」
第10章 「偶像や神像の瓦礫の山」

著者等紹介

徳永恂[トクナガマコト]
1929年生まれ。1951年東京大学文学部卒業。1962‐64年フンボルト研究員としてドイツへ留学、アドルノに師事。1976年イスラエルへ研究留学。大阪大学名誉教授。専門、現代ドイツ哲学・社会思想史

加藤精司[カトウセイシ]
1931年、北海道生まれ。北海道大学大学院博士課程修了。北海道大学名誉教授。専門、西洋現代哲学

八木橋貢[ヤギハシミツグ]
1930年、北海道生まれ。北海道大学大学院博士課程修了。北海道大学名誉教授。専門、近世イギリス哲学、社会思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。