フード・ポリティクス―肥満社会と食品産業

個数:

フード・ポリティクス―肥満社会と食品産業

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年05月24日 17時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 467,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788509313
  • NDC分類 588.09
  • Cコード C1036

内容説明

“もット食べよう!”地球上の半数が飢えるなかで肥満と飽食に突き進む社会。巨大食品ビジネス、政治家、栄養学者が三位一体で描く食生活支配の構図。

目次

食品業界、そして「もっと食べよう」
第1部 食生活の助言を骨抜きにする
第2部 システムに働きかける
第3部 子どもから儲け、学校を腐敗させる
第4部 サプリメントの規制緩和
第5部 テクノフーズの発明
食品選択の政治学
付録 栄養学および栄養研究の問題

著者等紹介

三宅真季子[ミヤケマキコ]
翻訳家。国際イベントの企画書、国連広報資料など、多様な分野の翻訳に取り組んでいる

鈴木眞理子[スズキマリコ]
ドイツ語・英語・オランダ語翻訳家。科学技術や環境分野の翻訳に長くかかわる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

 ・著者はニューヨーク大学の栄養学・食品科学の教授である。食品企業はほかの企業と変わらず利益が第一であるということを原点に書かれている。・・・中略・・・食と健康の関係に対する消費者の関心は高い。食事はファーストフードですませ、足らざる栄養はサプリメントで補う--こんな“悪夢”のような食生活をなくすのに役立つ書である。(3/13 日本経済新聞 書評)
 ・たんなる飽食社会批判というのではない。あくまで食品の栄養と健康をめぐる政治的駆け引きに焦点をしぼっているところに本書の特色がある。(4/9 図書新聞 野村一夫氏評)