時間と物語〈1〉物語と時間性の循環/歴史と物語 (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 412p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788509146
  • NDC分類 201.1
  • Cコード C3010

内容説明

「時間は物語の様式で分節されるのに応じて人間的時間になる。そして物語は時間的存在の条件になるときに、その完全な意味に到達する」。このテーゼの豊かな含蓄を、アウグスティヌスの時間論とアリストテレスのミメーシス論を媒介に汲み尽くした著者畢生の成果。

目次

第1部 物語と時間性の循環(時間経験のアポリア―アウグスティヌス著『告白』第十一巻;筋立て―アリストテレス『詩学』のひとつの読解;時間と物語―三重のミメーシス)
第2部 歴史と物語(物語の衰退;物語のための弁護;歴史の志向性)

著者等紹介

リクール,ポール[リクール,ポール][Ricoeur,Paul]
1913年南仏ヴァランスに生まれる。第二次世界大戦に動員され、1945年まで5年間捕虜収容所生活を送り、その間にフッサール『イデーン1』を仏訳。戦後ストラスブール大学、パリ大学哲学教授を経て、パリ大学ナンテール分校に移る。1970年より20年間シカゴ大学神学部教授を兼任した。現代フランスの解釈学的現象学の代表的哲学者

久米博[クメヒロシ]
1932年生まれ。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文研究科博士課程満期退学。1967年ストラスブール大学プロテスタント神学部大学院修了。同大学宗教学博士。桐朋学園大学教授、立正大学教授を経て、現在、立正大学講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

著者は物語を歴史物語とフィクション物語に二分する。第一部で基本的なテーゼを提示したあと,第二部ではアナール学派などの歴史理論にこのテーゼを適用する。