『パリの秘密』の社会史―ウージェーヌ・シューと新聞小説の時代

個数:

『パリの秘密』の社会史―ウージェーヌ・シューと新聞小説の時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年02月27日 10時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 314p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784788508866
  • NDC分類 950.28
  • Cコード C1098

出版社内容情報

フーコーが愛読し、バルザックを嫉妬させたシューの『パリの秘密』。パリの街路や地価を微細に描写し社会の悪を告発したこの小説を、メディア論、社会史的な観点から読み直すとき新たな魅力をもって甦る。

 ・「当時の民衆を鮮やかに描いたのは貴重です。大衆小説らしく登場人物の善悪の色分けがはっきりしていますし、悲惨な境遇に陥った女性の姿は女性読者の心をとらえました。並外れた能力を持つ正義のヒーローが活躍するのも大衆小説の常道ですが、『パリの秘密』の主人公はその最初です。今年はシュー生誕200年に当たりますが、再評価を期待しています。」(『エコノミスト』2004.06.01 著者インタビュー)

内容説明

フーコーが愛読し、バルザックを嫉妬させたシュー。連載時絶賛を博し、新聞小説の嚆矢となった『パリの秘密』。パリの街路や地下を微細に描写し、社会の悪を告発した小説。名のみ高いこの本が、メディア論、社会史的な観点から読み直すとき、あらたな魅力をもってよみがえる。図版多数。

目次

第1章 新聞小説の時代
第2章 生の軌跡
第3章 『パリの秘密』の情景
第4章 『パリの秘密』の社会史(パリの表象;犯罪・司法・監獄;社会小説としての『パリの秘密』;ユートピアの諸相)
終章 大衆小説の射程

著者等紹介

小倉孝誠[オグラコウセイ]
1956年生まれ。1987年、パリ第4大学文学博士。1988年、東京大学大学院博士課程中退。現在、慶応義塾大学文学部教授。専門は近代フランスの文学と文化史
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。