美を脳から考える―芸術への生物学的探検

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 251,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784788507241
  • NDC分類 701
  • Cコード C3045

出版社内容情報

 美の知覚、美の創造は脳の内部でどのように情報処理され、身体的に表出されるか。従来もっぱら文化や感性の面からとらえられてきた芸術という人類普遍の経験を、脳という生物学の側面に架橋して数々の発見をもたらしている学際的研究の最前線。

内容説明

美を産み、美を感じる心の営みは、文化を超えて共通の生物学的な基礎をもつ―脳科学者、文化人類学者、認知科学者がひらく知のフロンティア。

目次

第1章 美の生物学的基礎
第2章 韻律詩、脳、そして時間
第3章 音楽におけるテンポ比率―普遍的なものだろうか?
第4章 ダンス、うつろいゆく芸術形式―行動としての美
第5章 視覚的な美と生理的制約
第6章 美の情報処理
第7章 大脳皮質の非対称性と美的経験
第8章 美しさは見る者の視野の各半分で異なっているかもしれない

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kayo Matsumura

0
内容忘れた 再読

muko1610

0
2008/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/43878

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。