スプリット―存在をめぐるまなざし歌手と武術家と精神科医の出会い

個数:

スプリット―存在をめぐるまなざし歌手と武術家と精神科医の出会い

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788506398
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C1010

目次

「カルメン・マキって知ってますか」
「タモリさんも引いた」
死んで下さいお母さん―寺山修司
死の夢
触れえない“兄”
「ゲゲゲの森の住人」
何にもなれずに医学部へいった
真赤な服に数珠かけて
おっぱいに描いた鬼の絵
海の向こうからのトランク〔ほか〕

出版社内容情報

 ロック,武術,精神医学と,異なる世界で活躍する著者たちが,いずれものたうちまわるようにして追い求めてきた自己存在の意味と,その探求の軌跡を率直に語り合う。人生の岐路に立ち,不安と苦悩のなかで存在の意味を模索している読者への贈り物。今、注目をあびる甲野善紀氏、名越康文氏の世界観に触れられる一冊です。

「空へ」で割れる
名越 割れるというのはたとえば、どんな感じなんでしょうか。
甲野 交通事故に遭った自動車のフロントガラスって粉々になっているでしょう。あんな感じです。
名越 どうもますますわからなくなってくるなぁ、マキさんはどうですか。
マキ いやぁ そう言われても、まあなんとなく「空へ」で体が割れるいうのは、雰囲気としてはわからないことはないのですけれど。
甲野 じゃあ、ちょっとお見せしましょう。名越さん相手してください。こうして車に構えて、名越さんは、私のこの左手の上数センチのところに竹刀を構えて、そこから打ち込んでもらいます。つまり、ピクッと動いたら、もう名越さんの竹刀が私の左腕に打ち込まれている状況にして、ここから私の方が、逆に名越さんの手許に打ち込むのです。
   どうぞ。(名越氏、構えた竹刀の数センチ下にある甲野氏の左腕を打つが、その瞬間、甲野氏の左足、左手前に構えていた態勢が右手、左足前に差し換わり名越氏の竹刀は空を切り、甲野氏の竹刀が名越氏の篭手に入っている) 
名越 これほど僕の側に有利な態勢なのに、まったく間に合わないんですよね。
甲野 この技は、以前もやっていましたけれど、相手の竹刀は、もっと離れていましたからね。それが、私の左手の十数センチ、まあ、ほとんど触れるくらいでもいいのですが、それだと見えにくいので、少し離れてもらっているのですけれど、この状態からでも対応できるようになったのは、やはり「空へ」で体が割れたことが決定的に大きな理由ですね。

-------------------------------------------------------------------------------

 【関連書籍】
 『 システム現象学 オートポイエーシスの第四領域 』 河本英夫著 (定価4410円 2006)
 『 〈私〉という謎 』 渡辺恒夫・高石恭子編 (定価2625円 2004)
 『 私の身体は頭がいい 』 内田樹著 (定価1890円 2003)

 【新 刊】
 『 モハメド・アリ 』 C・レマート著 (定価3465円 2007.7月)