ワードマップ<br> 現代文学理論―テクスト・読み・世界

個数:

ワードマップ
現代文学理論―テクスト・読み・世界

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784788505797
  • NDC分類 901
  • Cコード C1090

内容説明

構造主義からコンピュータまで。現代思想の底流を形成し、世界の見方を挑発してやまぬ現代の文学理論。バフチン、ジュネット、バルト、クリステヴァ、ド・マンなどの理論とキイワードを手がかりに、読む楽しみをテクストから世界へ解き放つ。

目次

1 構造主義詩学の展開(記号とは何か?―現代思想と現代文学理論を震撼させた記号理論を解明する;ソシュール言語学から構造主義文学批評へ―現代文学理論のはじまり ほか)
2 文学理論の記号論的転回(テクストと記号―記号論的テクスト主義宣言 テクストの誕生;テクストと修辞理論―修辞とは世界創造の概念装置である ほか)
3 社会のなかの文学(テーマ批評―物質的想像力からテクストの解体構築へ;マルクス主義文学批評の可能性―はたしてマルクス主義文学批評に未来はあるのか? ほか)
4 テクスト理論の諸相(意味生成分析―クリステヴァによる詩的言語の永久革命理論;テクストの精神分析―テクストは読まれると同時に読む ほか)
5 新たな理論展開に向けて(テクストのなかの他者性―読むこと、それは他者性の不意撃ちに自らを開くことである;ドゥルーズとスキゾ分析―樹木から根茎へ ほか)

出版社内容情報

 概要を示すなら本書は、一九六〇年代から現在に至るまでの主要な議論を抑えてある。フランスが中心であるのはことの性質上当然だが、とくにアメリカでの旺盛な文学研究の動向がバランスよく盛りこまれていることは、本書の特色の一つに挙げられるだろう。第二の特色として、文学研究の現在と未来を意識したことを強調しておきたい。類書にはない文学メディア論の項目や「コンピュータと文学研究」などは、そうした意識の端的なあらわれである。巻末のブック・ガイドも、これから読者が文学の考察に新たな展開を加えてゆく契機となる著作を中心に選んである。第三の特色として、本書がすでに文学理論に十分精通している人たちをもターゲットとしていることを挙げておこう。解説的な部分にさえわれわれは、われわれ独自の見解を添えるようにした。アクセントの置き方、意義付け、展望などに関して、本書は既存の内外の文学理論概説書にみられる記述と多くの点で異なっている。(「おわりに」より)

 ・毎日新聞 97.11.21 大井浩一氏評

-------------------------------------------------------------

 【関連書籍】
 『 思考のトポス 』 中山元著 (定価2625円 2006)
 『 ことばの意味とは何か 』 F・レカネティ著 (定価3990円 2006)
 『 文化理論用語集 』 P・ブルッカー著 (定価3990円 2003)