民俗選挙のゆくえ―津軽選挙vs甲州選挙

個数:

民俗選挙のゆくえ―津軽選挙vs甲州選挙

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年05月18日 02時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 350p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784787763327
  • NDC分類 318.421
  • Cコード C1039

内容説明

選管を制する者が、選挙を制する―津軽の激烈な民俗選挙に翻弄され、大地主の父祖累代の富を蕩尽しつくした太宰治の長兄、津島文治。一方、義理と贈与と相互扶助の甲州選挙を身をもって生きた政界のドン、金丸信。カネと盲動、中傷と謀略が渦巻く、津軽と甲州の選挙祭りが行きついた対照的な悲喜劇。そのゆくてに、ありうべきポスト近代選挙を模索する。

目次

選挙楽しや牛馬にゆられ
津軽と甲州―その気質
津軽選挙の発生―金木町長選不正開票事件
二人町長と代理戦争―鯵ヶ沢選挙と大泉村長選
出稼ぎと行商―不在者投票
神仏の力と選挙タタリ
カネの力と悪銭
飲食の力と食物禁忌
無尽と葬式
村八分と地域ぐるみ
オヤコ選挙と骨肉の戦い
口碑と文芸
二人の政治家―津島文治と金丸信
民俗選挙のゆくえ―柳田国男をめぐって

著者等紹介

杉本仁[スギモトジン]
1947年山梨県に生まれる。青山学院大学を経て、同大学院修士課程修了。柳田国男研究会会員。都立高校教諭を経て、2012年~2017年都留文科大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

64
衆院選の前日に読了。政治はマツリゴトとも言われる。そういえば選挙前のあのどこか浮ついた空気には祭りと共通するようにも思えるなあ。というわけで選挙と民俗社会の関係を論じた一冊。地方の選挙、津軽と甲州の選挙戦を論じているのだが、地方の伝統から津軽は血縁によって甲州は地縁によって選挙戦が展開されているというのは面白い指摘。昭和中期の事例が多いので、公選法?何それ?的な事例が多く面白く、選挙という近代の産物の中にも土俗が息づいているのを確認できただけでも読んで良かった。現在の選挙にはない熱気みたいなのもあるし。2021/10/30

睡眠学習

0
伝統的に過激な選挙戦が繰り広げられた津軽選挙と甲州選挙の共通点と相違点を民俗学的に考察した一冊。小選挙区制になってから大したことなくなったと批判している筆者には違和感を覚える2018/03/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12285343

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。