シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 琉球王国の象徴 首里城

個数:
  • ポイントキャンペーン

シリーズ「遺跡を学ぶ」
琉球王国の象徴 首里城

  • 當眞 嗣一【著】
  • 価格 ¥1,760(本体¥1,600)
  • 新泉社(2020/03発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 32pt
  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2020年09月20日 22時58分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787720351
  • NDC分類 219.9
  • Cコード C1021

内容説明

琉球王国の政治・経済・文化の中心的役割をはたしてきた城、首里城。戦後、沖縄戦で破壊された正殿の復元が叫ばれるなか、その真の姿を発掘調査によって追究してきた著者が、沖縄を代表するグスクとしての首里城の特色と出土した貿易陶磁器、装飾品などを解説する。

目次

第1章 首里城をとり戻せ(沖縄戦と首里城;首里城を復元せよ;よみがえる首里城)
第2章 グスクの時代(先史時代の琉球;グスクの誕生;大交易時代;グスク時代の発展;三山分立から統一へ)
第3章 琉球王国の象徴・首里城(首里城を鳥瞰する;伊東忠太・鎌倉芳太郎らの調査;正殿の発掘;正殿の遺物;北殿と南殿;京の内跡;精巧優美な石垣)
第4章 琉球王国の終焉と首里城(琉球王国の終焉;世界遺産になった首里城跡とグスク群;復元正殿焼失とこれから)

著者等紹介

當眞嗣一[トウマシイチ]
1944年、沖縄県西原町生まれ。琉球大学法文学部史学科卒業。沖縄県教育庁文化課課長、沖縄県立博物館館長、沖縄考古学会会長を歴任。現在、グスク研究所主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。