シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> ビジュアル版 考古学ガイドブック

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
ビジュアル版 考古学ガイドブック

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2021年09月17日 04時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787720306
  • NDC分類 202.5
  • Cコード C1021

内容説明

世紀の新発見、太古の人びとの暮らしの解明…夢やロマンをかきたてるようにいわれる考古学。だが、実際の研究はどうなのか?泥臭く、地味な作業の連続だ。いったい考古学とはどのような学問で、何を明らかにしようとしているのか、ビジュアルに解説する。

目次

考古学・考古学者とは―さまざまな考古学
なぜ発掘調査がおこなわれているのか―学術発掘と緊急発掘
考古学は3Kな仕事?―いろんな発掘があるものだ
発掘は最大の武器―発掘調査の新しい手法と目と手の判断
土器の編年が考古学を鍛えてきた―土器編年を組み立てる
さまざまな時間感覚―時間は下っていくのか上っていくのか
考古学の「時間」―時間にはさまざまな「幅」がある
「同時に存在した」ってどういうこと?―「同時」をどうとらえるのか
どうやって「時代」を区分しているのか―世界の時代区分
私たちの朝の食卓が後世に発掘されると―生活の解明
実測図に惑わされるな―実測図の特徴
分布論に冒険する―分布から見えてくるもの
比較の大いなる可能性―比較は歴史的方法と結びついてはじめて効力を生む
復元とそれを確かめるには―復元模型の制作と検証
文化財は残ったのではなく作られる?―新たな目で見た文化財
太古の人骨のあつかいに制限はあるのか―遺体・遺骨と考古学
分布の広がりと国家―考古学と国家
多様化・国際化する考古学―研究・支援・普及で世界をむすぶ
私の歴史?他者の歴史?―感情を移入して過去を抱きしめればいいのか
考古学者が書いた歴史は面白くない?―考古学者のさまざまな試み
遺跡は誰のものか―現代社会と文化財

著者等紹介

小野昭[オノアキラ]
1946年新潟県高田市(現・上越市)生まれ。明治大学文学部卒業。岡山大学法文学専攻科修了。博士(文学)北海道大学。奈良国立文化財研究所、岡山大学助手、新潟大学助教授を経て東京都立大教授を2009年定年退職。日本第四紀学会会長、日本旧石器学会会長、アジア旧石器協会(APA)会長、国際記念物遺跡会議(ICOMOS)考古遺産管理国際学術委員会副会長、明治大学黒耀石研究センター長などを務める。現在、東京都立大学名誉教授、明治大学黒耀石研究センター客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。