シリーズcura<br> 脂肪細胞の驚くべき真実―メタボリックシンドロームの科学

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

シリーズcura
脂肪細胞の驚くべき真実―メタボリックシンドロームの科学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 152p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784805830116
  • NDC分類 493.12
  • Cコード C0047

内容説明

ウエストが男性85センチ、女性90センチを超えたら病気?メタボリックシンドロームは誰にも身近な診断基準のために、一気に人々の間に浸透し、健康診断にも取り入れられたが、現実には、知名度の高さに比べて、その本質への理解は広がっていない。なぜウエストなのか、それも85センチ・90センチなのか、少しでもオーバーしたらいけないのかなど、多くの人がそうした素朴な疑問を抱いている。本書ではそれらに答えながら、メタボリックシンドローム提唱のきっかけとなった、内臓脂肪の驚異的な働きについてわかりやすく解説する。

目次

序章 マルチプルリスクファクター
第1章 なぜ、ウエストを測るのか
第2章 メタボリックシンドロームは命にかかわる
第3章 元凶は内臓脂肪、驚くべき脂肪細胞の働き
第4章 体内の“消防隊”・アディポネクチンの発見
第5章 メタボリックシンドロームの対策をどうするか
第6章 内臓脂肪の減らし方
第7章 脂肪細胞の機能を正常化する

著者等紹介

松澤佑次[マツザワユウジ]
大阪大学名誉教授。住友病院院長。1966年大阪大学医学部卒業。同大医学部第2内科教授、同大附属病院院長を経て、名誉教授。2003年から財団法人住友病院院長を務める。この間、日本臨床分子医学会理事長、動脈硬化学会理事長、日本肥満学会理事長なども歴任する。内臓脂肪に関する研究に対して日本医師会医学賞、国際肥満学会最高賞ヴィレンドルフ賞などを受賞。国内8学会でメタボリックシンドローム診断基準を策定したときには検討委員会委員長を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。