文化財としての「陵墓」と世界遺産―「陵墓限定公開」40周年記念シンポジウム

個数:

文化財としての「陵墓」と世界遺産―「陵墓限定公開」40周年記念シンポジウム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月24日 12時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 211p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787720252
  • NDC分類 288.46
  • Cコード C1021

内容説明

大山古墳を仁徳天皇陵古墳と呼んでいいのか?ほとんどが「陵墓」で構成されている世界遺産となった百舌鳥・古市古墳群。貴重な文化財でもある「陵墓」をこれからどうしてゆくのか。古墳としての「陵墓」の整備や保存、そして公開を考える。

目次

挨拶 「陵墓限定公開」四〇周年を迎えて―あらたな課題を生む世界遺産登録
1 基調講演・報告(基調講演(「陵墓限定公開」四〇年と現状から考える)
報告(大仙古墳は允恭(倭王済)墓である
副葬品からみた大山古墳―前方部石室出土の甲冑をめぐって
世界の墳墓と世界遺産
調査手法の進展と「陵墓」情報の充実
近代天皇制と「陵墓」))
2 討論(文化財としての「陵墓」と世界遺産)
3 資料

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いくら丼

9
めちゃめちゃ面白かった。そもそも「仁徳天皇陵古墳」は、学問的には被葬者を仁徳天皇とは考えないのが主流。そんな中、かつてどのように「仁徳天皇陵」に治定されたか、何故それが今日まで変わらないか、そして、実際の被葬者は誰なのか、作られた年代はいつか、何故、「仁徳天皇陵古墳」の名で推薦され、世界遺産になったのか。これからどう向き合っていくべきか。仁徳天皇陵古墳をはじめとする「陵墓」の持つ課題の多くは、日本の文化財全体の課題でもある。学問的には世界遺産の名も、『古市・百舌鳥古墳群』が妥当だと複数の研究者が主張する。2023/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17906202
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。