シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 石鍋が語る中世―ホゲット石鍋製作遺跡

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
石鍋が語る中世―ホゲット石鍋製作遺跡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月24日 14時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787718327
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C1021

内容説明

九州の西の端、長崎県の西彼杵(にしそのぎ)半島の山中には、滑石の岩壁をくりぬいた痕跡が無数に残っている。これは中世に石鍋を盛んに製作した跡で、つくられた製品は、北は青森から南は琉球列島にまで運ばれた。山中での石鍋製作と広域に流通した実態を明らかにする。

目次

第1章 西海の岩壁彫刻(岩肌に刻まれた職人の技;中世の煮炊き道具・石鍋;「滑石の宝庫」西彼杵半島)
第2章 ホゲット石鍋製作遺跡(石鍋を追った先人たち;山中に広がる製作所跡;他地域の製作所跡;石鍋製作の実態と変遷)
第3章 列島に普及した石鍋(どこで出土しているのか;だれが運んだのか;どのように使ったのか;石鍋が語る中世の実像)
第4章 石鍋の終焉とこれから(石工技術の伝播;石鍋製作所の終焉;今後の石鍋研究と遺跡の保護)

著者等紹介

松尾秀昭[マツオヒデアキ]
1979年、長崎県佐世保市生まれ。国士舘大学文学部卒業、別府大学大学院文学研究科修士課程修了。佐世保市教育委員会社会教育課主任主事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。