縄文土偶ガイドブック―縄文土偶の世界

個数:

縄文土偶ガイドブック―縄文土偶の世界

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年05月18日 02時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 178p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787713162
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

土偶って何だろう?土偶の姿はあまりにも多様。国宝に指定された素晴らしい造形の土偶があるかと思えば、粗末な作りでバラバラに壊れ破片となったものもたくさんある。縄文人は何のために土偶を作り、どのように用いていたのだろうか。

目次

第1章 縄文土偶の世界(土偶を大胆に分類してみる;土偶の分布と変遷を追う;縄文一万年を通して変わらない特徴―短い腕と十字形;土偶は繁栄の象徴―日本海側の回廊・太平洋側の回廊;超抽象土偶のいろいろ)
第2章 土偶とは何か(女神像・祖先神像・玩具像;中部高地の女神「縄文のビーナス」;モデル土偶とコピー土偶;小さなムラの女神たち;個人が大切にした土偶たち;壊れて発見される土偶たち;人間らしい土偶たち)
第3章 土偶の謎(なぜ女神像が土で作られたのか;なぜ土偶には小さな孔があいているのか;なぜ土偶は大型化・大量化したのか;なぜ土偶には刺突文が多いのか;なぜ土偶に入れ墨が入っているのか;仮面の女神と最後のシャーマン)
付録

著者等紹介

三上徹也[ミカミテツヤ]
1956年、長野県岡谷市生まれ。明治大学大学院博士前期課程修了。現在、長野県上伊那農業高校教員。第10回尖石縄文文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

66
これまた好物の土偶本です。土偶の形状、出土状況から様々な分析がなされていて興味深かったです。土偶にも色々あって面白い。女神の化身としての土偶を発端に何故不思議な土偶を太古の人々は作ってきたのかは謎のままなのでまだまだ研究すべき対象なのでしょう。土偶って奥深いです。2015/11/10

arere

2
土偶のさまざまななぜに答えてくれる。モデルとコピー、破壊される土偶とされないものなど、腑に落ちた。2016/08/23

やま

2
土偶集中月間ではありませんが、土偶の本を続けて読んでいます。専門的な一面もありますが、土偶の形状、出土状況などから、さまざまに分析しています。土偶にも大・中・小、モデル、コピーなどの差があることが興味深かったです。大昔の人たちが何を考えて不思議な土偶を作ったのか、よくわからないから想像の幅があって面白い。2014/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7832909

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。