生活者と社会科学―「戦後啓蒙」と現代

個数:

生活者と社会科学―「戦後啓蒙」と現代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月22日 04時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 465p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787713117
  • NDC分類 301.2
  • Cコード C1010

内容説明

グローバル化と3.11以降の現代日本を、丸山眞男・内田義彦・安丸良夫らの戦後社会科学の展開史から考察。「主権在民」という切り口から今日の社会科学のあり方を問う。

目次

第1部 戦後社会科学の視座旋回―「主権在民」理念の主体化をめぐって(自生的社会科学の形成にむけて;丸山眞男の模索―戦後社会科学の一代表者;内田義彦の模索―主体化をめぐる視座の旋回;歴史学における主体化模索の展開と視座の旋回―特に安丸良夫の模索を事例に)
第2部 生活者の側からみた社会科学へ(観察の対象;「個」としての人格的成長論―戦後改革期から高度成長期への展開;等身大の自己形成が求めるもの;生活者の側からみた社会科学へ―社会科学者の立脚点について)
付録 歴史認識の形成にかかわる小篇

著者等紹介

寺田光雄[テラダミツオ]
1943年12月和歌山県生まれ。1966年和歌山大学経済学部卒業。1972年名古屋大学大学院経済学研究科博士課程満期退学。同年6月~2002年3月埼玉大学(教養部、のちに経済学部)教員。担当、社会思想史ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Ikkoku-Kan Is Forever..!!

1
丸山眞男と内田義彦の連関性を論じる視点は面白いけど、要するに、「メタフィジカルな議論にはついていけない」と「戦後啓蒙」という思想をぶった切るのが論旨。ただし、そこにある「理性と感覚」という問題は、神学論争にもマルクス主義にもあるわけで、丸山の思想にも「主体性」と「正統と異端」というかたちで現れる。戦後思想の話はあくまでも一つの例でしかないので、それは簡単にまとめて、そういう問題を、じっくり考えていく。2017/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6990947

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。