シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 房総の縄文大貝塚・西広貝塚

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
房総の縄文大貝塚・西広貝塚

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月22日 04時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787710505
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

貝塚は縄文時代の生活を明らかにする宝庫。西広(さいひろ)貝塚では直径一五〇メートルの環状貝塚を全掘し、探集したすべての貝層を丸洗いして、そこに含まれている遺物すべてを調べあげた。この前代未聞の作業から縄文人の暮らしぶりがありありとみえてくる。

目次

第1章 縄文大貝塚を掘りつくす(背丈を超える貝層;発掘のはじまり;全面発掘へ)
第2章 貝塚を丸洗いする(二つの分析方法;人海戦術と眼力の賜;動物遺存体と動物考古学)
第3章 貝と骨、角の世界(どんな貝、魚・獣を食べていたのか;さまざまな道具類;多彩な骨格製装身具;南房総産の貝製装身具)
第4章 大貝塚をもつムラの謎(西広ムラのはじまりと終わり;まつりの遺物、まつりの行為;石器、土器はどこから;南の島からやってきた貝;人骨は語る;深まる謎)
第5章 西広貝塚は永遠に(護れなかった遺跡、遺された調査成果;調査研究成果の活用)

著者等紹介

忍澤成視[オシザワナルミ]
1962年千葉県船橋市に生まれる。早稲田大学大学院文学研究科考古学専攻修士課程修了。現在、市原市教育委員会・埋蔵文化財調査センター主査。1999年から貝製品研究に没頭。かつて趣味にしていたスキューバダイビングの経験をフルに活用、伊豆諸島をはじめ全国各地の海へ赴き現生貝調査をおこない、生物学的知見から考古学の課題に挑む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちかぱぱ

0
3月まで共に仕事をした著者から贈られた本。 区画整理区域にあった大規模貝塚を15年かけて発掘し、10年かけて整理作業が行われた。 大規模貝塚に分類される西広貝塚の全面発掘と全部回収。整理箱の総数は37000箱におよぶ前代未聞の作業を写真や図解でわかりやすく解説されている。 市原市教育委員会のプロジェクトXである。2021/04/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4327167

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。