シリーズ「遺跡を学ぶ」
遠の朝廷・大宰府

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787710468
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

激動する古代東アジア情勢のなかで国防と対外交渉の拠点となった築紫の地に、律令国家の巨大な官衛、大宰府が成立する。大陸を望む西の要衝で外交や軍事を担い、西海道諸国島を統治した、政庁を中枢とする遠の朝廷(とおのみかど)大宰府の実像を明らかにする。

目次

第1章 古都・大宰府
第2章 大宰府の発掘
第3章 軍都・大宰府
第4章 政都・大宰府
第5章 大宰府の栄華
第6章 大宰府史跡

著者等紹介

杉原敏之[スギハラトシユキ]
1968年、山口県生まれ。明治大学文学部史学地理科考古学専攻卒業。九州歴史資料館学芸調査室調査研究班長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

rbyawa

0
g077、このシリーズでは正直遺跡から出てきた物をひたすら淡々と述べていく傾向があって、この大宰府に関しては比較的早い時期から発掘されていたために本が他にも存在していたのでだいたい把握出来ているのでどうかな、と思っていたんですが、だからこそなのかさらに周辺との関係や宗教施設の他地域との関係、歴史的出来事による変化などが考察段階ながら触れられていたので満足な内容になっていました。ところで観音寺の前に立った時点で風に浚われて、(奈良の)興福寺の前に首が落ちたお坊さんの話は一体どういう意味だったんだろうねあれ?2016/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4008269

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。