シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 国宝土偶「縄文ビーナス」の誕生―棚畑遺跡

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
国宝土偶「縄文ビーナス」の誕生―棚畑遺跡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月14日 08時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787710413
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

信州は霧ヶ峰の南麓、正面に八ヶ岳連峰を見渡す棚畑遺跡で、素晴らしい造形美の大型土偶がみつかった。縄文時代の遺物で初めて国宝となったこの「縄文ビーナス」は、何のために作られたのか。縄文王国と称されるほど繁栄した縄文中期集落の探究からその謎に迫る。

目次

第1章 縄文ビーナスの発見(夕日に照らされた土偶;豊饒の女性像;いつ、何のために作られたのか?)
第2章 縄文文化繁栄の大地(八ヶ岳山麓「縄文王国」;棚畑遺跡の発掘;二つの環状集落)
第3章 黒曜石を求めて(黒曜石の道を探ろう;黒曜石原産地と麓の集落;黒曜石の採取・搬出と石器の製作)
第4章 縄文ビーナスのまつり(縄文人の願い;集いのシンボル)
第5章 縄文人のこころを伝える(国宝選定と世界への発信;縄文プロジェクト構想)

著者等紹介

鵜飼幸雄[ウカイユキオ]
1954年、長野県茅野市生まれ。立正大学文学部史学科考古学専攻卒業。現在、茅野市尖石縄文考古館館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件