MF文庫J<br> 義妹生活〈6〉

個数:
電子版価格
¥704
  • 電書あり

MF文庫J
義妹生活〈6〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年05月30日 14時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784046816566
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報



三河 ごーすと[ミカワ ゴースト]
著・文・その他

Hiten[ヒテン]
イラスト

内容説明

ハロウィンの魔力に惑わされるように恋人同士の温もりを求めた悠太と沙季。表向きは今までと同じ距離感を保ちながらも、その関係の在り方には確かな変化があった。互いの誕生日、サプライズとすり合わせ、クリスマス、初めての年越しと、里帰り。プレゼントや記念日の過ごし方、相手の喜ばせ方に悩みつつ、不器用な二人なりに幸せな道を模索していく。そして、両親や親戚の姿から大人になることや家族の繋がり、恋愛関係のその先…結婚や子どもについても考えさせられ…?これは、兄妹になった二人が過ごす初めての冬の物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナギ

58
義兄妹の冬のイベント盛りだくさん。ということで、少しずつお互いの距離が近づいていくけれど、もどかしいですね。ラブコメ要素も少なく純愛物で展開がゆっくりなので私はだんだん息苦しくなってきたぞ。アニメ化もされるようですので、テンポがどうなるのかが気になります。2022/11/27

オセロ

41
ハロウィンの魔力に魅せられて互いの好意を確認し合った悠太と沙季。 そんな2人の誕生日は互いをとても大切に想っているのかが伝わってきましたし、家族愛も感じられる尊いものでした。 年越しで悠太の叔父の家を訪れ、見知らぬ人達に囲まれて不安な思いをしている沙季を悠太が支える場面にはグッとくるものがありましたし、悠太を改めて意識する沙季は可愛すぎですね。 次巻は遂に2人の関係を両親に打ち明けるのでしょうか、楽しみです。2022/08/26

よっち

36
ハロウィンの魔力に惑わされるように恋人同士の温もりを求めた悠太と沙季。義理の兄妹から少しだけ関係を変えた二人が過ごす初めての冬の物語を描く第六弾。表向きは今までと同じ距離感を保ちながら、その関係の在り方には確かな変化を感じる二人が、プレゼントや記念日の過ごし方、相手の喜ばせ方に悩みつつ、幸せな道を模索していく不器用なやり取りや、慣れない義実家への帰省で支えてくれる悠太とのことでいろいろ思いを馳せる沙季がなかなか微笑ましかったですけど、しみじみとほんとにお似合いだなと思う二人の急展開には期待しかないですね。2022/08/24

rotti619

34
3巻から続いた激動の物語から打って変わって従来の静かな展開に終止した今巻。しかし、お互いの元家族について、今まで明言されていなかった離婚の経緯や実父、実母の人物像、彼らの思いが深掘りされている。前巻のハロウィンでの出来事を踏まえた上で、クリスマス・お正月を家族と過ごす2人に”将来”の姿を考えさせる内容となっていた。終盤の悠太の実家で祖父に見せた彼の態度は、今までだったらそういう言い方では庇わなかったであろう彼の成長と沙季への愛情が込められた、良いシーンだった。2022/09/03

わたー

30
★★★★★祝アニメ化。二人の関係を決定的に変えたあのハロウィンの夜から1ヶ月。日に日に大きくなる熱情を秘めながら、いつも通りの日常を過ごす二人に、お互いの誕生日からはじまる年末年始のイベントが訪れる6巻。見かけ上はいつも通りに振る舞っていたとしても、内心は相手に対する感情で埋め尽くされている。それが随所に感じられる描かれ方で非常に良かった。たった半年しか経っていないのに、相手への理解度、作中で言うところの「解像度」が異様なほど高まっていて、それに伴って執着も人一倍出てきて湿度が上がってくる感じが良き。2022/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19989396
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。