21世紀叢書<br> グローバル化を超える市民社会―社会的個人とヘゲモニー

個数:

21世紀叢書
グローバル化を超える市民社会―社会的個人とヘゲモニー

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 256,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787709134
  • NDC分類 362.06
  • Cコード C1036

内容説明

金融資本主義と新自由主義の破綻が語られるなか、社会の理念を再構築する力をもった新たな思想が求められている。3人の古典思想家マルクス、グラムシ、ルフェーヴルの方法概念を手がかりに、ポスト・グローバリゼーションの歴史的選択の方向性をアクチュアルに提示する。

目次

ポスト・グローバリゼーションの社会形成
1 グローバル化時代の歴史認識(グローバル化時代の日常生活批判―神秘化意識の自己認識;グローバル化時代の地方文化論―地方文化をめぐるヘゲモニー闘争;グローバル化時代のメディア文化論―歴史認識をめぐるヘゲモニー闘争)
2 グローバル化時代における社会的個人の生成(資本の生産諸力と社会的個人;社会的個人と集合的身体;社会的個人とグローバル社会主義の生成)
3 グローバル化時代の市民社会とヘゲモニー(グローバル化時代における政治概念―ポスト政治批判と生政治的生産;ヘゲモニー概念の再発見―コーポラティズムからガヴァナンスへ;グローバル・ガヴァナンスのヘゲモニー闘争;グローバル・カタルシスの時代―グラムシとルフェーヴルをつなぐもの)

著者等紹介

斉藤日出治[サイトウヒデハル]
1945年、長野県生まれ。1969年、東京外国語大学卒業。1976年、名古屋大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、大阪産業大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。