挑発するセクシュアリティ―法・社会・思想へのアプローチ

個数:

挑発するセクシュアリティ―法・社会・思想へのアプローチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 06時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 346p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784787709011
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C1036

出版社内容情報

ジェンダー論や性同一性障害が広く認知される一方で、国家による「性」への介入、セクシュアル・マイノリティへの無関心、「家族」愛の押し付けが広がっている。セクシュアリティも社会的に「つくられる」とする視点から、今日の法と社会、人間のあり方を照らし出す。

内容説明

日々の出会いやメディアのなかで、セクシュアリティはわたしたちを挑発している。セクシュアリティに無関心な人びとを含めて、わたしたちはセクシュアリティから逃れられない時代を生きているのだ。「性」の視点から人間と社会を問い直す。

目次

1 法とセクシュアリティ(セクシュアリティを「法」の問題として考える;ジェンダー法学・トラブル!?;セクシュアル・ハラスメント再考)
2 社会とセクシュアリティ(同性婚批判;「ゲイのエイジング」というフィールドの問いかけ―「生き方を実験しあう共同性」へ;夫婦関係におけるセクシュアリティ)
3 思想とセクシュアリティ(セクシュアリティ研究の困難;性とコスプレ・コミュニケーション;「乱交の思想」再生)

著者等紹介

関修[セキオサム]
東洋大学大学院文学研究科博士後期課程(哲学専攻)単位取得退学。現在、明治大学法学部非常勤講師。専門分野はフランス現代思想・文化論

志田哲之[シダテツユキ]
早稲田大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。博士(人間科学)。現在、神奈川大学・跡見学園女子大学ほか非常勤講師。専門分野はセクシュアリティ研究、家族社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。