人間探究の考古学者 藤森栄一を読む

個数:

人間探究の考古学者 藤森栄一を読む

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月23日 05時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 310p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787706027
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1021

内容説明

『かもしかみち』『古道』などの考古学エッセイ、初期の弥生の研究、縄文農耕を中心とした縄文の研究、古墳の研究、諏訪神社の研究、考古学史、信州と信州教育の叙述、小説など、幅広い藤森栄一の業績をそれぞれ正しく評価すると共に、あわせて藤森栄一の学問するこころや人間性そのものに深く切り込んだユニークな藤森栄一論。

目次

1 藤森栄一、最後のことば(私の学問、そして考古学の世界―藤森栄一(インタビュー・稲垣惣司))
2 藤森栄一を読む(人間、藤森栄一とその考古学の原点;久遠に輝く心の灯;「道」を求めて歩んだ藤森栄一の生涯;うたいつづけた信濃;考古学への情熱に生きた人間の記録;教育者藤森栄一とアマチュアリズムの系譜;わかりやすい考古学の話;実感として書かれた考古学の世界;高原に甦る執念の灯;生活する古代人の追求 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mentyu

2
没年のインタビュー全文が載っているのは非常にありがたい。しかも、インタビューを行ったのが名古屋市にある私立高校の国語教師だったというのも意外だった。藤森氏の書いた文章が当時の国語教科書に掲載されていたため、教材研究の一環として著者のもとを訪ねたというのだから驚く。なお、インタビュー以降の章は全集各巻の解説を再掲載したものとなっているので、その点は少し残念に思った。2018/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2210142

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。