シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 豊饒の海の縄文文化・曽畑貝塚

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
豊饒の海の縄文文化・曽畑貝塚

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月04日 12時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787704375
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C1021

内容説明

縄文時代、西北九州・有明海沿岸には、干潟が育む豊富な魚介類を糧に多くの貝塚がつくられた。その中心的遺跡のひとつ、曽畑貝塚から出土した「曽畑式土器」やドングリ貯蔵穴などから、朝鮮半島から沖縄諸島に広がる海の交流と曽畑縄文ムラの暮らしを描く。

目次

第1章 豊饒の海と考古学(有明海と貝塚;貝塚に魅せられた研究者たち)
第2章 曽畑式土器の世界(曽畑式土器とは;編年の追究と朝鮮半島起源論 ほか)
第3章 曽畑縄文ムラの復元(低湿地発掘と生活環境の復元;ドングリ貯蔵穴群の発見 ほか)
第4章 未来につながる曽畑貝塚

著者等紹介

木崎康弘[キザキヤスヒロ]
1956年生まれ。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業、博士(史学)。熊本県内小学校教諭を経て、熊本県教育委員会文化課で埋蔵文化財の調査に携わる。現在、熊本県立装飾古墳館主幹(学芸課長)。熊本県教育委員会ほか
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件