シリーズ「遺跡を学ぶ」<br> 天下布武の城・安土城

個数:

シリーズ「遺跡を学ぶ」
天下布武の城・安土城

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月07日 23時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 93p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787704320
  • NDC分類 210.48
  • Cコード C1021

内容説明

織田信長が建てた特異な城として、いくたの小説や映画・TVドラマで描かれてきた安土城。近年の考古学的発掘調査により、通説には多くの誤りがあることがわかった。安土城の真実の姿を考古学的調査から具体的に明らかにし、安土城築城の歴史的意義をさぐる。

目次

序 天下布武へ向けて
第1章 城の道を掘る
第2章 麓の屋敷群を掘る
第3章 安土山と山下町
第4章 信長の居城
第5章 安土城の到達点
第6章 天下布武の城
第7章 安土城築城の意義
終章 そして炎上

著者等紹介

木戸雅寿[キドマサユキ]
1958年生まれ。奈良大学文学部史学科考古学専攻卒業。広島県草戸千軒町遺跡調査研究所を経て、滋賀県教育委員会で埋蔵文化財行政、1989~2001年まで安土城郭調査研究所で国特別史跡安土城跡の調査整備に携わる。現在、(財)滋賀県文化財保護協会企画調査課技術主任。織豊期城郭研究会代表
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mk

1
伝大手道に関する発掘調査が進み始めた2004年段階での議論だが、安土城が近世城郭の祖ともいうべき特異な城であることが強調されている。「穴太積み」が安土城の積み石垣に応用された技術よりも後世のものであったことははじめて知った。ただ、21世紀に入って新展開を迎えた信長研究の現時点からみると古典的な見解(たとえば、「天下布武」を日本全国の意味に解するなど)に依拠する説明もあり、歴史事実に関する記述には注意が必要。歴史用語のルビに間違いが多いのも気にかかる。あまりに初歩的なミスもあり、編集作業上の誤植では?2017/06/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/323321

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。