祈り

個数:

祈り

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月18日 02時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 151p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784787702821
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0092

目次

永遠の青い海
1 帰島(海;永田浜正月;雨水節 ほか)
2 土の道(土の道;白露節;この世界という善光寺 ほか)
3 祈り(祈り;ひと;この永劫という事実の中で ほか)

著者等紹介

山尾三省[ヤマオサンセイ]
1938年、東京・神田に生まれる。早稲田大学文学部西洋哲学科中退。77年、家族とともに屋久島の一湊白川山に移住し、耕し、詩作し、祈る暮らしを続ける。2001年8月28日、死去
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

新地学@児童書病発動中

56
文壇とは無縁のままに、屋久島で農業をしながら、詩を書き続けた山尾さんの詩集。癌が見つかって、亡くなるまでの晩年の作品を収録。子供たちのおむつをほすことに喜びを感じる詩が良かった。普通の人なら、偽善と感じるかもしれないが、山尾さんは本当に喜んで、ほしていたのだろう。そのような雑事を心を込めて行うことが、人生で一番大切だと思わせてくれる生き方を貫いた人が山尾さんだった。2013/03/21

アナクマ

19
(p.104)夜も昼も絶えず/春も秋も絶えることのない/雨のような銀色の光がある/母が逝き/その年が明けて/世界孤独という言葉をはじめて持った時に/その光が/はじめてわたくしに届いた/それは/不断光と呼ばれている/ほとけの光/◉屋久島に生きた詩人の作。2018/10/31

shiro

0
ご自分の妻と子に対する感謝の思い。己の死と向き合う姿勢。三省さんの身近なことを詠んだ詩が好きだ。2010/06/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/599827

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。