マジック・ランタン―光と影の映像史

個数:

マジック・ランタン―光と影の映像史

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年09月16日 17時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 173p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784787274151
  • NDC分類 778.9
  • Cコード C0070

内容説明

17世紀に発明された投影装置であるマジック・ランタン。ろうそくやランプを光源に、ガラスに描かれた図像を、レンズを通してスクリーンに投影するメディアだった。「映画以前」の初期映像文化の貴重な図像や投影装置をフルカラーで紹介し、マジック・ランタンの現代性を照らし出す。

目次

図版(マジック・ランタンの誕生;マジック・ランタンの流行;日本のマジック・ランタン;スライド;マジック・ランタン以後)
論考(遠藤みゆき マジック・ランタンの両洋;エルキ・フータモ マジック・ランタンとクリーン・プラクティス―メディア考古学的省察;草原真知子 旅する幻燈)

出版社内容情報

17世紀に発明された投影装置であるマジック・ランタン。ロウソクやランプを光源に、ガラスに描かれた図像を、レンズを通してスクリーンに投影する。現在のプロジェクターやプロジェクション・マッピングの原型とも言え、聴衆に視覚的に情報を伝えるメディアであり、多様なイメージで人々を魅了するエンターテインメントでもあった。



日本では写し絵や錦影絵、あるいは幻燈としても知られる、「映画以前」の初期映像文化の貴重な図像や投影装置をフルカラーで紹介し、マジック・ランタンの現代性を照らし出す。



・展覧会概要

「マジック・ランタン――光と影の映像史」

会期:2018年8月14日(火)?10月14日(日)

会場:東京都写真美術館(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)

ごあいさつ Foreword



謝辞 Acknowledgements



図版 Plates



 1 マジック・ランタンの誕生 The Birth of Magic Lantern



 2 マジック・ランタンの流行 Magic Lantern Mania



 3 日本のマジック・ランタン Magic Lantern in Japan



 4 スライド Slides



 5 マジック・ランタン以後 After Magic Lantern



論考 Essays



 遠藤みゆき マジック・ランタンの両洋

 End? Miyuki, Magic Lantern in the West and the East



 エルキ・フータモ マジック・ランタンとスクリーン・プラクティス――メディア考古学的省察

 Erkki Huhtamo, The Magic Lantern and Screen Practice: Media Archaeological Refl ections



 草原真知子 旅する幻燈

 Kusahara Machiko, Magic Lantern and its Travels



主要参考文献 Selected Bibliography



作品リスト List of Works

東京都写真美術館[トウキョウトシャシンビジュツカン]
編集