多文化共生の実験室―大阪から考える

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

多文化共生の実験室―大阪から考える

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月07日 17時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 300p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787235046
  • NDC分類 334.41
  • Cコード C0036

内容説明

大阪で民族的マイノリティを支える教育や制度、その担い手に光を当て、「反差別」や「人権」という対抗的な理念に基づき共生を目指す実践としてそれらを再評価する。歴史的にマイノリティ集住地域である大阪の先駆的な取り組みから、全国で進められる多文化共生の動きを批判的に検証する視点を浮き彫りにする。

目次

第1部 教育の実践(大阪の多文化共生教育―公立学校の外国人教育研究組織に着目して;共に生きる「仲間」を目指して―大阪府豊中市の「進路保障」を事例に;紐帯はどのようにして育まれたか―大阪市中央区での多文化家族支援の実践から;教育分野での人権運動・政策の変化―多文化共生をめぐる歴史的・社会的背景)
第2部 実践の担い手(多文化共生を牽引する在日コリアンの教育実践運動の役割―いま生かされつつある「民族学級」というアイデア;無条件の生の肯定;アクティビストの不正義感覚と運動ネットワーク)
第3部 理念/規範的考察(公正を重視する大阪の公教育理念;承認の観点からみた大阪の民族学級;民主的実践としてのシティズンシップと多文化共生;反ヘイトと多文化共生―大阪市と川崎市の比較を通じて)

著者等紹介

〓谷幸[タカヤサチ]
東京大学大学院人文社会系研究科准教授。専攻は社会学、移民研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。