女性マンガ研究―欧米・日本・アジアをつなぐMANGA

個数:

女性マンガ研究―欧米・日本・アジアをつなぐMANGA

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月18日 09時18分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 307p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787233868
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0036

内容説明

2000年代以降、日本のマンガ作品がアジアだけでなく欧米でも翻訳され人気を博している。なかでも女性読者が増えて市場が拡大し、各地域ごとに独自のMANGA文化が根づき始めていると言っていい。少女マンガやBL、女性マンガといったジャンルの受容と異文化に溶け込んだ表現の広がりを事例をあげて紹介し、女性表象の可能性を探る。

目次

第1部 少女マンガ―グローバル化とグローカル化(日本式少女マンガから女性マンガへ―「周縁化」から始まる主体性表現;どっちだってグローカル―漫画/mangaとシェイクスピア;マレーシアのマンガ―少女マンガ家カオル(Kaoru)を通してみる文化混交へのアプローチ
少女マンガから見た『GIRL』―その日本での受容を左右するメディアスケープと民族性表現
沈黙の音楽―音楽を主題とするマンガにおける欲望機械と女性性)
第2部 BL:ボーイズ・ラブ―世界に広がるファン・カルチャー(グローバル化するBL研究―日本BL研究からトランスナショナルBL研究へ;アメリカのコミックス・アーティストとマンガ―コリーン・ドランの作品考察;同人誌文化のグローバリゼーションと韓国の女性同人―2000年代以降を中心に)
第3部 女性マンガ―創造する女性たち(そう、女性マンガ家はいるのだ―これまでのインタビューからの抜粋;笑い、ディタッチメント、そして快楽―女性エッセイマンガのジャーナリズム的機能と可能性;「物語」の力を蘇生させること―3・11以降の女性による自主制作のオンライン・マンガ)

著者等紹介

大城房美[オオギフサミ]
筑紫女学園大学文学部教授。専攻は比較文化・文学、女性学、アメリカ文学・文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sibasiba

9
グローカル化する女性マンガについての本。特に東南アジアについてが面白かった。日本のエッセイ漫画に似たインドネシアのグラフィック・ダイアリーやフィリピンでのBLコンベンションについてだとか。韓国でのヘタリア愛好家の迫害については国会に取り上げられた後にそんな苦難があったとは。アメリカのコリーン・ドランは凄いな。ネット上の海外の反応系でも基本ジャンプ漫画やアニメが中心なので非常に新鮮な情報ばかりで満足。2015/08/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9729273
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。