精神病院の社会史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 204p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784787233042
  • NDC分類 498.16
  • Cコード C0036

内容説明

「精神病」患者を受け入れて癒しの場になっていった高尾山の滝治療、のちに陸軍病院となる衛戍病院精神病室、私立の精神病院の数々―。多くの史料をもとに民間療養の場所が「精神病院」になっていく歴史を描き、精神病院と地域の関係性を照らし出す。

目次

第1章 精神障害者の癒し場、東京高尾山滝治療(高尾山の歴史;清滝・表参道;琵琶滝;蛇滝;一九二七年以後の絵地図と府立松沢病院;多摩御陵の小林病院)
第2章 東京の精神病院(「精神病院」誕生への道筋;明治・大正期の創設群;昭和前期の創設群;戦後に閉院となった東京の私立精神病院)
第3章 衛戍病院精神病室(衛戍病院とは;私立精神病院との関係)
第4章 柴田桓要と精神病院黎明期(開設者、田辺日草;柴田桓要)

著者等紹介

金川英雄[カネカワヒデオ]
昭和大学医学部・慶應義塾大学文学部を卒業。昭和大学大学院医学研究科博士課程修了。昭和大学付属烏山病院、昭和大学医学部助手を経て、東京武蔵野病院勤務、現在、外来部長。聖母大学、東京家政大学兼任講師を経て、現在、帝京平成大学客員教授。精神保健指定医、医学博士、日本心身医学会評議員、日本病跡学会理事など

堀みゆき[ホリミユキ]
聖和看護専門学校・慶應義塾大学文学部を卒業。心身障害児総合医療療育センター、東京家政学院勤務を経て帝京平成大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。