バイヤーの常識

個数:

バイヤーの常識

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年05月23日 17時51分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 227p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784785502676
  • NDC分類 673.2
  • Cコード C0063

内容説明

バイヤーは、顧客の変化に対応するため、もう一度原点に戻らなければならない。バイヤーは、今までも、これからも、商品を通して狙っている顧客の満足を得るのが仕事である。そしてバイヤーは、資本運動としての商品投資活動を効率化する、商品投下資本効率である商品生産性を上げる先導者である。しかし、求められるその質は、今まで以上に高くなる。マネジメントシップもリーダーシップも向上させなければならない。本書は、以上のようなバイヤーが期待する成果を得るための原理原則、常識を企業環境の変化の中で捉えたものである。

目次

第1章 1月―新年最初の業務命令で商品部へ異動、「誓いの言葉」で決意する
第2章 2月―人口動態を理解し、判断する
第3章 3月―消費者の購買動機の原点
第4章 4月―マーチャンダイジング(MD)をお客の立場で理解する
第5章 5月―品揃え計画の基礎理論
第6章 6月―商品部、バイヤーの数値責任と職務内容
第7章 7月―売価決定の原則
第8章 8月―棚割の手順と方法
第9章 9月―バイヤーに必要な基礎計数その1
第10章 10月―バイヤーに必要な基礎計数その2
第11章 11月―季節を考慮した販促企画の立て方と特売の組み方
第12章 12月―経営理念の源「心を守り、心を鍛えよ」

著者等紹介

上保陽三[ウワボヨウゾウ]
1974年東洋大学経営学部卒業。同年、通産大臣登録中小企業診断士合格。MRM研究会を主宰し、スーパードラッグストア、スーパーマーケット、酒ディスカウントストアなどの長期経営計画、システムづくり、中堅幹部の能力開発、経営革新のための指導を中心に活躍。商業界主宰の各種セミナーでは、計数を中心に担当し、通信教育では「商店経営計数能力アップ通信講座」(初級、上級)を執筆
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。