ポピュラー・サイエンス<br> 人工生命の夢と悩み―コンピュータの中の知能と行動の進化

個数:

ポピュラー・サイエンス
人工生命の夢と悩み―コンピュータの中の知能と行動の進化

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 125p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784785386078
  • NDC分類 007.1
  • Cコード C0050

目次

第1章 人工生命とは何か?
第2章 人工生命の下で働いている仕掛
第3章 白鷺は群れるか?
第4章 地図をもたないロボットは目的地へ到達できるか?
第5章 猫はどうやってネズミをとることを覚えるか?
第6章 食うか食われるかの世界はいつかは絶滅するか?
第7章 人工生命の夢と現実

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

SnowFlakeShow

0
サイバネティクス,暗黙知は知らなかった.あとはGAやCSなどの解説や,具体的な研究事例.研究事例は20年ほど前のものなので,今これを人工生命の研究として出すには弱いかなあという気がする.人工生命は新しい分野だけに進歩も早く,20年分の積み重なりがあるので当然といえば当然だが.ミクロ進化を解析し,創発の全貌を見る,ということをしないと「人工生命ムード売ります」になってしまう.これは確かに大事.でも今や,なぜこの研究をするのか,その必然性や動機付けをはっきりさせるのも大事になってきている.2012/10/14

knenet

0
クラシファイアが人工生命に使える。2010/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/706273
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。