ポピュラーサイエンス
稲のきた道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 166p/高さ 19X13cm
  • 商品コード 9784785385682
  • NDC分類 616.2
  • Cコード C0045

目次

1章 稲と日本人
2章 かたすみの在来品種は語る
3章 遺伝子の分布を調べる
4章 南からのルート
5章 南北二元説の北2元説の 昔の稲を想像する

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

R10

0
「野生イネへの旅」に続けて読んだイネ本。こちらの方は日本の中でのイネ伝来ルートについて主に書かれている。近年では栽培される品種が限られてきているため、過去の在来品種が姿を消しつつある。イネの中に潜在している様々な情報から伝来起源を探っていく作業は、推理小説のようで面白かった。2016/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1349309

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。