最新 発生工学総論

個数:

最新 発生工学総論

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年06月17日 17時46分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 107p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784785358365
  • NDC分類 643.2
  • Cコード C3045

内容説明

本書では、人口授精、胚移植とその関連技術としての配偶子や胚の凍結保存、性制御のためのX、Y精子の分離、胚の段階での雌雄胚の選別、また体外受精の項では、常法ならびに顕微授精法による体外受精について述べた。この他、初期胚の人為操作による一卵性多数子の生産については、胚の分断による双子生産、受精卵クローンと体細胞クローンにわけて解説した。また中・大型動物での形質転換については、この技術の発展の経過と現状について述べた。

目次

1 人工授精―精子の凍結保存
2 胚移植、胚の凍結保存、胚の性判別
3 体外受精
4 顕微受精による体外受精
5 クローニング―一卵性多数子の生産
6 形質転換動物

著者等紹介

入谷明[イリタニアキラ]
1928年兵庫県に生まれる。京都大学農学部卒、同大学院博士課程終了、農学博士。助教授、教授を経て、1992年近畿大学教授。1999年日本学士院賞受賞。日本不妊学会理事長、日本受精着床学会理事長、国際家畜繁殖学会常任理事、副会長などを歴任。現在、京都大学名誉教授、近畿大学教授、同生物理工学部長、同先端技術総合研究所長、日本学士院会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。