時間生物学の基礎

個数:

時間生物学の基礎

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年04月17日 23時31分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784785352059
  • NDC分類 463.9
  • Cコード C3045

内容説明

本書では、時間生物学の基礎となる重要な情報をできる限りわかりやすくまとめようと試みた。著者はいずれも動物が専門であり、植物や菌類など動物以外に関しては充分に取り扱えていない面があることは否めないが、体内時計の性質は生物種を越えて共通の面が多く、したがって、本書はそれらのリズムを理解するうえでも助けになるであろう。

目次

第1部 時間生物学と生物の周期性(時間生物学とは:時間軸からみた生命現象;環境サイクル;生物の周期性とその性質;生物リズムの解析法)
第2部 さまざまな生物リズム(ウルトラディアンリズム;概日リズム;潮汐リズムとインフラディアンリズム;光周性と概年リズム)
第3部 生物時計のメカニズム(生物時計の神経機構;概日時計の分子機構)
第4部 時間生物学と生物、ヒトの暮らし(周期性の適応的意義;ヒトの生活への応用)

著者等紹介

富岡憲治[トミオカケンジ]
岡山大学理学部卒、同大学大学院理学研究科修了、山口大学助手・助教授・教授を経て、現在、岡山大学理学部教授。理学博士

沼田英治[ヌマタヒデハル]
京都大学理学部卒、同大学大学院理学研究科修了、大阪市立大学助手・講師・助教授を経て、現在、同大学大学院理学研究科教授。理学博士

井上慎一[イノウエシンイチ]
慶応義塾大学工学部卒、東京大学大学院理学系研究科修了、三菱化成生命科学研究所主任研究員・プロジェクトリーダーを経て、現在、山口大学理学部教授、時間学研究所所長。理学博士
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こずえ

1
細胞には概日リズムや消化などのリズムがあってそれが崩れると体調に異変がでるよねっていうのが時間生物学。最近流行。(特に睡眠医学やダイエット関連で 電車内の広告によくある怪しい本読むならこれをちゃんとよんで。

yori

1
★★★★☆ 読みやすい。2012/03/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/345126
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。