膝のスポーツリハビリテーション

個数:

膝のスポーツリハビリテーション

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2021年05月10日 17時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 261p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784784958894
  • NDC分類 780.19
  • Cコード C3047

内容説明

医師と「共通言語」を持ってリハビリテーションを行うための1冊!書籍『整形外科医のための膝のスポーツ診療のすべて』より内容を抜粋!

目次

1章 総論(膝周囲の解剖;膝関節のバイオメカニクス;膝周囲の運動連鎖;膝のスポーツ診療における診察法(身体所見を中心に))
2章 膝のスポーツ疾患(膝前十字靭帯(ACL)損傷(膝屈筋腱を用いた再建術)
ACL損傷(膝蓋腱を用いた再建)
ACL損傷(骨端線閉鎖前、顆間隆起骨折を含めて)
膝内側側副靭帯(MCL)損傷
膝後十字靭帯(PCL)損傷 ほか)

著者等紹介

大内洋[オオウチヒロシ]
亀田メディカルセンタースポーツ医学科主任部長。2001年東京医科歯科大学医学部医学科卒業。2001年長野厚生連佐久総合病院。2003年日産玉川病院。2004年佐久平整形外科クリニックスポーツ関節鏡センター。2008年Taos Orthopaedic Institute International Fellow。2009年亀田メディカルセンター整形外科部長代理。2018年現職。主な資格等:日本整形外科学会専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本水泳連盟医事委員、日本オリンピック委員会強化スタッフ、国際武道大学非常勤講師、筑波大学理療科教員養成施設非常勤講師、亀田医療大学非常勤講師、なでしこリーグオルカ鴨川FCドクター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。