めざせ!外来診療の達人―外来カンファレンスで学ぶ診断推論 (第2版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 266p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784784954285
  • NDC分類 492

目次

レベルアップのために知っておきたい「外来診断学」
「外来診断学」―合理的な診断推論に基づく正診率の高い外来診療をめざして(外来と病棟での診断プロセスの違い;限られた病歴情報からの前向き推論;病棟では後ろ向き推論も;病棟研修中にできる外来トレーニング ほか)
外来カンファレンスで学ぶ診断推論(19歳女性「気持ちが悪く、下腹と腰が重い感じですが…」;61歳女性「吐き気と頭痛があり、冷や汗が出て…」;63歳女性「右肩と首が痛い、あと頭痛も…」;48歳女性「疲労感があって、息切れするのですが…」 ほか)

著者紹介

生坂政臣[イクサカマサトミ]
千葉大学医学部附属病院総合診療部教授。1985年鳥取大学医学部卒業。1989年東京女子医科大学大学院博士課程(神経内科)修了。1993年アイオワ大学家庭医療学レジデント修了。1999年聖マリアンナ医科大学総合診療内科講師。2002年生坂医院副院長。2003年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)