キオクのヒキダシ<br> 民俗の記憶―俳諧・俳句からみる近江

個数:

キオクのヒキダシ
民俗の記憶―俳諧・俳句からみる近江

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年09月24日 08時13分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784784517367
  • NDC分類 911.302
  • Cコード C0030

内容説明

芭蕉と、繋がる。蕪村に、応える。五七五のスペックに、失われた風景が刻まれる。日本人を応答させてやまない俳諧・俳句から“京の都”の立役者“近江”に迫り“都と鄙”の魅力を引き出す文化論。

目次

第1章 新・都鄙問答―近江の文化的景観(芭蕉の近江、蕪村の京;文化的景観と俳諧・俳句 ほか)
第2章 俳諧・俳句と民俗学―原郷論へのアプローチ(俗事・俗情と俳諧の関係性;俳諧・俳句の応答可能性とは ほか)
第3章 蕎麦と河豚
第4章 ノラを歩き花を愛でる蕪村(蕪村の植物句の概要;俳諧と山野草・人里植物 ほか)
第5章 ふなずし考(近現代のふなずし;俳諧・俳句とふなずし)

著者等紹介

篠原徹[シノハラトオル]
1945年中国長春市生まれ。民俗学者。京都大学理学部植物学科、同大学文学部史学科卒業。専攻は民俗学、生態人類学。国立歴史民俗博物館教授を経て現在、滋賀県立琵琶湖博物館館長。従来の民俗学にはなかった漁や農に生きる人々の「技能」や自然に対する知識の総体である「自然知」に目を向ける(「人と自然の関係をめぐる民俗学的研究」)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。