「千種」物語―二つの海を渡った唐物茶壼

個数:

「千種」物語―二つの海を渡った唐物茶壼

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784784218707
  • NDC分類 791.5
  • Cコード C1072

内容説明

一三、四世紀頃に中国で生まれたひとつの壼が、東シナ海を渡って日本に伝わり、一六世紀に茶の湯の道具として「千種」の銘を与えられ、名物となった。やがて二一世紀にはもうひとつの海、太平洋を渡り、アメリカ合衆国ワシントンDCにあるフリーア美術館(管理運営:国立スミソニアン協会)に収められた―唐物茶壼「千種」の歴史的な変遷を経糸に、「千種」をめぐる多様な文化事象を緯糸に織りなされた、壮大な物語。日本、アメリカ、中国の研究者による歴史、美術、考古学、科学などの多角的な分野を網羅した最新の研究成果を収録。

目次

1 中国からきた茶壼(唐物が茶道具になったとき;唐物茶壼の展開;唐物茶壼;日本における唐物茶壷の考古学;茶壷の役割―緑茶の味との関係)
2 「千種」のすがた(「千種」について;一六世紀の茶会記に記された「千種」の拝見記;「千種」をめぐる名;「千種」の口覆いについて;「千種」の口覆いと名物裂・富田金襴について;染料―「千種」に附属する染織品から)
3 「千種」、ふたたび海を渡るまで(「千種」の伝来と唐物茶壼―江戸時代初期を中心に;野々村仁清作「色絵叭々鳥図茶壼」をめぐって;一七世紀以降の「千種」の伝来;皓々斎宗也筆「茶壷紐飾節雛形書」について;「千種」と国際美術市場)

著者等紹介

竹内順一[タケウチジュンイチ] [Cort,Louise]
1941年生。東京藝術大学名誉教授。永青文庫理事。茶道美術史、陶磁史、美術館学

岡佳子[オカヨシコ] [Watsky,Andrew M.]
1954年生。大手前大学総合文化学部教授。日本文化史、陶磁史

コート,ルイズ[コート,ルイズ]
1944年生。国立スミソニアン協会、フリーア美術館・アーサー・M・サックラーギャラリー学芸員。陶磁器

ワッキー,アンドリュー・M.[ワッキー,アンドリューM.]
1957年生。プリンストン大学教授。日本美術(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

13、4世紀頃に中国で生まれたひとつの壺が、東シナ海を渡って日本に伝わり、16世紀に茶の湯の道具として「千種」の銘を与えられ、名物となった。やがて21世紀にはもうひとつの海、太平洋を渡り、アメリカ合衆国ワシントンDCにあるフリーア美術館(管理運営:国立スミソニアン協会)に収められた――唐物茶壺「千種」の歴史的な変遷を経糸に、「千種」をめぐる多様な文化事象を緯糸に織りなされた、壮大な物語。
日本、アメリカ、中国の研究者による、歴史、美術、考古学、科学などの多角的な分野を網羅した最新の研究成果を収録。

? 中国からきた茶壺
唐物が茶道具になったとき  竹内順一
唐物茶壺の展開   李寶平・栗建安(訳:中井淳史)
唐物茶壺  西田宏子
日本における唐物茶壺の考古学  井上喜久男
茶壺の役割―緑茶の味との関係―  大森正司

? 「千種」のすがた
「千種」について  ルイズ コート(訳:松村真希子)
一六世紀の茶会記に記された「千種」の拝見記  竹内順一
「千種」をめぐる名  アンドリュー M ワツキー(訳:常田道子)
「千種」の口覆いについて  吉岡明美
「千種」の口覆いと名物裂・富田金襴  佐藤留実
染料――「千種」に附属する染織品から――  毛利千香 ブライス マッカーシー

? 「千種」、ふたたび海を渡るまで
「千種」の伝来と唐物茶壺――江戸時代初期を中心に――  岡佳子
野々村仁清作「色絵叭々鳥図茶壺」をめぐって  岡佳子
一七世紀以降の「千種」の伝来  熊倉功夫
皓々斎宗也筆「茶壺紐飾雛形書」について  岡佳子
「千種」と国際美術市場  ジュリア ミーチ(訳:前?信也 清水彩野)

「千種」関係史料集
  茶会記・名物記等/「千種」附属文書/久田家文書

 「千種」の主要附属品一覧/編者・著者紹介/謝辞

竹内 順一[タケウチ ジュンイチ]

岡 佳子[オカ ヨシコ]

ルイズ コート[ルイズ コート]

アンドリュー M・ワツキー[アンドリュー エムワッキー]