祭りのしつらい―町家とまち並み

祭りのしつらい―町家とまち並み

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 223p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784784213603
  • NDC分類 386.1
  • Cコード C1039

出版社内容情報

祇園祭・天神祭をはじめ、富山の城端や倉敷の祭り飾り、各地の造り物などをとりあげ、町家とまち並みを飾る祭りの文化を紹介する。カラー64頁。

目次

えがく
まつる
いろどる
つくる
つたえる
座敷を飾る―神像・家宝・造り物
絵画にみる祭りのしつらい―屏風と桟敷
屏風祭の戦後六〇年―祇園祭の宵山飾り
祭りのしつらいと町家・町並み―大津・日野・奈良井
祭りの住文化とまちづくり―城端・村上・倉敷
都市祭礼の最前線―大阪天神祭
造り物の諸相―大阪を中心に

著者等紹介

岩間香[イワマカオリ]
摂南大学外国語学部教授。大阪市立大学大学院生活科学研究科後期博士課程修了。博士(学術)。専攻:日本絵画史

西岡陽子[ニシオカヨウコ]
大阪芸術大学芸術学部教授。関西学院大学文学部日本文学科博士課程後期修了。専攻:日本民俗学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ばん

4
祭は街を呑みこむ。街と人は、祭の日に向かって、装いを変え、調える。全国各地の祭の「しつらえ」に注目した本。曳山祭であれば、曳山自体は固より、旧い町屋の並ぶ街並みは、屏風や人形を飾ったり、出店や見世物小屋がやってくる、祭は極点から極縁まで膨張していく。外部の人間が楽しむ場所はそこで、読むことで体感したようだ。とても参考になった。2012/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1291603

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。