二十一世紀の戦争

個数:

二十一世紀の戦争

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 288,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784783716518
  • NDC分類 904
  • Cコード C0095

内容説明

文学は戦争という現実を回避することはできない。いかにして人間の救いがたいニヒリズムを瓦解させるか。9.11以後の、詩と小説の最もアクチュアルな光景を照射する、文芸評論の精髄。

目次

第1部 二十一世紀の戦争(文芸批評の方法―北川透『中原中也論集成』を手がかりに;文学の普遍性について―井坂洋子・多和田葉子・小川洋子;悲劇の時代と『チャタレイ夫人の恋人』―小林秀雄の戦争観から;普遍思想としての「修辞的現在」へ―存在不安と吉本隆明;近代という背理―鮎川信夫の歴史観;ポリネシアの幻想―もう一つの戦争詩・吉田嘉七論;二十一世紀の戦争―瀬尾育生と稲川方人;贈与と蕩尽―二〇〇八年展望)
第2部 九・一一以後の作家たち(九・一一以後の作家たち;二〇〇三年文芸時評;二〇〇四年文芸時評;二〇〇五年文芸時評)
死と贈与―二〇〇六、二〇〇七年回顧
天命を知るということ―大岡昇平『レイテ戦記』へ